《行かないで》

今晚难眠,只因回想起这首歌。

由玉置浩二作曲并演唱的这首《行かないで(不要走)》,空灵感,寂寞,伤感,同时浮现在眼前。寥寥歌词,倒出我心中思念。

行かないで – 玉置浩二
何も、见えない 何も
什么也看不见 什么也看不见
ずっと 居(い)てた
一直 流着泪
だけど、悲(かな)しいんじゃない
然而 并不是因为悲伤
暖(あたた)かい、あなたに、
能触摸到温暖的你
触(ふ)れたのが、嬉(うれ)しくて
多么快乐啊
ああ……

行かないで、行かないで、
别走啊 别走啊
何时(いつ)までも、ずっと、话(はな)さないで
永远都 别离开我啊
ああ……

行かないで、行かないで
别走啊 别走啊
このままで……
就这样 永远在一起吧
何时(いつ)か、心は何时か
曾几何时 心
远(とお)い 何処(どこ)かで
在遥远的某个地方
皆(みんな) 思(おも)い出になると
如果不知道 那一切都将成回忆
知(し)らなくて いいのに、知(し)らなくて いいのに
如果全然不知该多好啊
ああ……

行かないで、行かないで、
别走啊 别走啊
どんな时でも 话さないで
无论何时 也别离开我啊
ああ……

行かないで、行かないで、
别走啊 别走啊
このままで……
就这样 永远在一起吧
ああ……

行かないで、行かないで、
别走啊 别走啊
何时(いつ)までも、ずっと、话(はな)さないで
永远都 别离开我啊
ああ……

行かないで、行かないで、
别走啊 别走啊
このままで……
就这样 永远在一起吧

ロビンソン (Robinson)

这首歌名很陌生吧?日本 Spitz 知道吗?也陌生吧?然后,草野正宗认识吗?也不知道吧?

好吧,那么,麒麟午后红茶广告主题曲知道吗?相信很多70、80、90后都有深的印象!

没错,这来自 Spitz 由草野正宗演唱的《ロビンソン》正是我们熟悉的麒麟午后红茶。

5月20日,中国诞生的情人节“我爱你”,这首歌正好合适,放到网上给大家欣赏吧。我结婚时最想弹奏和演唱的就是这首歌~

atara shi i kisetsu wa na ze ka se tsu na i hibi de
新しい季节は なぜかせつない日々で
在新的季节里 无缘无故闷热的每天

kawara no michi wo jit ensha de hashi ru kimi wo o i ka ke ta
河原の道を自転车で 走る君を追いかけた
骑着脚踏车在河原路上 追赶着奔跑的你

omo i de no re ko do to oo ge sa na e pi so do wo
思い出のレコードと 大げさなエピソードを
回忆的唱片和夸大的小插曲

tsuka re ta kat a ni bu ra sa ge te shi ka me tsu ta ma bu shi sou ni
疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそうに
悬挂在疲累的肩上 愁眉苦脸是那样的刺眼

ona ji serifu onaji toki omo wa zu kuchi ni su ru you na
同じセリフ 同じ时 思わず口にするような
不知不觉 在同样的时候说出同样的台词

a ri fu re te ko no mahou de tsu ku ri a ge ta yo
ありふれてこの魔法で つくり上げたよ
用平常的魔法完成了

dare mo sawa re na i futari da ke no kuni kimi no te wo hana sa nu you ni
谁も触れない 二人だけの国 君の手を离さぬように
谁也不能碰触你我的二人国度 就这样不放开你的手

ooki na chikara de sora ni fu ka be ta ra ru ra ra uchuu no kaze ni no ru
大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の风に乗る
在强大的力量下 浮在空中 噜啦啦 乘着宇宙的风

katasumi ni su te ra re te kokyuu wo ya me na i neko mo
片隅に舍てられて 呼吸をやめない猫も
被丢在角落却不放弃呼吸的猫

do ko ka ni te i ru ta ki a ge te muri ya ri ni hoho yo se ru yo
どこか似ている 抱き上げて 无理やりに頬よせるよ
不知和我有某个地方相似 无理取闹地抱起它贴近脸颊

itsumo no kousaten de mi a ge ta maru i mado wa
いつもの交差点で 见上げた丸い窓は
一如往常的十字路口 由下往上看圆型的窗子

usu yogore te ru girigiri no mikazuki mo boku wo mi te ta
うす汚れてる ぎりぎりの三日月も仆を见てた
稍微弄脏了的细细月牙也看到了我

machi bu se ta yume no ho to ri odoroita kimi no hitomi
待ちぶせた梦のほとり 惊いた君の瞳
埋伏在梦的岸边 被惊吓了的你的双眼

so shi te boku ra ima koko de umare kawaru yo
そして仆ら今ここで 生まれ変わるよ
而且我们今天在这里都重生了

dare mo sawa re nai futari dake no kuni owaranai uta ba ra ma i te
谁も触れない 二人だけの国 终わらない歌ばらまいて
谁也不能碰触只有两人的国度 没有终止的放声歌唱

ooki na chikara de sora ni fu ka be ta ra rurara uchuu no kaze ni noru
大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の风に乗る
在好大的力量下 若浮在空中 噜啦啦—乘着宇宙的风

ooki na chikara de sora ni fu ka be ta ra rurara uchuu no kaze ni noru
大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の风に乗る
在好大的力量下 若浮在空中 噜啦啦—乘着宇宙的风

rurara uchuu no kaze ni noru
ルララ 宇宙の风に乗る
噜啦啦—乘着宇宙的风

少女の頃に戻ったみたいに

ZARD 的经典歌曲之一,《回到少女时代》。

可惜ZARD主唱坂井泉水英年早逝,清新脱俗的摇滚天使,你的消逝令人心痛。

还有十天,2017年5月27日就是你去世的第十个年头了。在此,以这首我最爱的歌曲来纪念你。

作词:坂井泉水
作曲:大野爱果
歌:Zard(坂井泉水)

くり返し見る夢に(反反复复的梦境)
目が覚めて見ると(一觉醒来)
胸の動悸が早いことに気付く(才发现自己心跳加快)

いつも白線踏み外して(总是想踩在马路白线上)
走る私がいる(向前奔跑的自己)

何故?(为何?)
理由もないのに声を挙げて泣きたくなる(什么也说不出,却想要放声大哭)
幼い(怀念天真)
少女の頃に戻ったみたいに(回到少女时代)

優しく髪を撫でてくれる(你温柔的轻抚着我的头发)
そんな暖かい手をいつも待ってた(而我正在等待着这样一双温暖的手)

あなただけは私を 優しい人にしてくれる(唯有你,对我温柔体贴)

とても大好きよ(真的好喜欢你)
とても大好きよ(真的好喜欢你)
どんなに情熱か手向けても(无论两人拿出了多少的真情实意)
分かり合えない人もいる(还是无法心有灵犀)

そんな日は心が曇ってしまうわ(那样的时光,心情阴郁)

恋は規則正しいリズムを刻まない(恋爱的节奏也不会规律安稳)

心地良いソファーでまた眠ってしまった(心情却忽然感觉舒坦,在沙发上又进入了梦乡)

幼い(怀念天真)
少女の頃に戻ったみたいに(回到少女时代)

優しく髪を撫でてくれる(你温柔的轻抚着我的头发)
そんな暖かい手をいつも待ってた(而我正在等待着这样一双温暖的手)

あなただけは私を そっと包みこんでくれる(唯有你,会温柔的包容我)

とても愛してる(真的好爱你)
とても愛してる(真的好爱你)
あなただけは私を そっと包みこんでくれる(唯有你,会温柔的包容我)
とても愛してる 赤いハートで(真的好爱你,用我那颗炽热的心)

Loving you(爱你)

あなたと…(爱你…)

星の在り処

从我出生开始,就在寻找你,无论白天或黑夜,我都能感到你的存在。虽然记忆很模糊,只能依稀想起你的背影,但我不会放弃,愿今生我们能够重逢。

没成想茫茫世间,有一首歌能写出我的声音,所以,我喜欢这首歌。

君[きみ]の影[かげ] 星[ほし]のように 朝[あさ]に溶[と]けて消[き]えていく
你的影子像星星一样 随着黎明的到来而消逝
行[い]き先[さき]を失[な]くしたまま 想[おも]いは溢[あふ]れてくる
失去目的地 思念溢满心头
强[つよ]さにも弱[よわ]さにも この心[こころ]は向[む]き合[あ]えた
不论是坚强还是软弱 我们的心都彼此相对
君[きみ]とならどんな明日[あした]が 来[き]ても怖[こわ]くないのに
和你在一起的话 无论明天会怎样都无所畏惧
二人[ふたり] 歩[ある]いた时[とき]を 信[しん]じていて欲[ほ]しい
二人同行之时 希望你能相信我
真実[しんじつ]も嘘[うそ]もなく 夜[よる]が明[あ]けて朝[あさ]が来[く]る
不是真实也不是谎言 夜晚过去早晨到来
星空[ほしそら]が朝[あさ]に溶[と]けても 君[きみ]の辉[かがや]きはわかるよ
即使星空融化在朝阳中 我也能感觉到你的光芒
さよならを知[し]らないで 梦见[ゆめみ]たのは 一人[ひとり]きり
我不知如何说再见 追寻梦想的 变得只有我一人
あの顷[ごろ]の 君[きみ]の目[め]には 何[なに]が映[うつ]っていたの
那一刻 你的眼中 又倒印着什么呢
二人[ふたり]つないだ时[とき]を 谁[だれ]も消[け]せはしない
两个人拥抱在一起的时候 谁都不会消失
孤独[こどく]とか痛[いた]みとか どんな君[きみ]も感[かん]じたい
不论是孤独还是痛楚 我都愿意感受那样的你
もう一度[いちど] 见[み]つめ合[あ]えば 愿[ねが]いはきっと叶[かな]う
如果再一次四目相对 我相信我的愿望一定会成真
夜明[よあ]け前[まえ] まどろみに 风[かぜ]が頬[ほほ]を 流[なが]れていく
在天亮之前 小睡片刻 风吹过面颊
君[きみ]の声[こえ] 君[きみ]の香[かお]りが 全[すべ]てを包[つつ]んで満[み]ちていく
你的声音 你的气味 全都抱入怀中
思[おも]い出[で]を羽[は]ばたかせ 君[きみ]の空[そら]へ舞[まい]い上[あ]がる
张开思念的羽翼 飞上你的天空
星空[ほしぞら]が朝[あさ]に溶[と]けても 君[きみ]の辉[かがや]きはわかるよ
即使星空融化在朝阳中 我也能感受到你的光芒
爱[あい]してる ただそれだけで 二人[ふたり]はいつかまた会[あ]える
我爱你 仅此而已 两个人终有一天会再次相遇

whiteeeen – あの頃~ジンジンバオヂュオニー~ (zerokoi ver.)

寂静街曾经转发过这首歌曲的MV,插画式的日本动画,十分感人。今天看到一张图,觉得这首歌也很适合,于是发来这首单曲,希望大家喜欢。

中日文歌词:

いつもの帰り道,
在平常的回家之路上,
君とたくさん话をしたね,
和你说了很多话,
小さな恋も 大きなあの梦も,
无论是小小的恋情 还是那个大大的梦想,
仆らにとっての宝物で,
对于我们而言都是宝物,
あの曲がり角に向かい (テコテコ),
那个十字路口的对面(一步一步),
小枝を拾ってテコテコ歩く (さぁ行こ!),
捡起小树枝 一步步走着(那么出发!),
世界はいつでも仆ら次第,
这个世界上 无论何时,
大冒険が待っている,
大冒险正在等着我们,
少しずつ歩いていこう,
一点点迈步向前吧,
弱虫はココに置いてこう,
把胆小鬼的自己留置于此,
仆らを待ってるいくつもの,
等待着我们的还有很多,
「涙」も君とこらえ行こう,
我也会与你共同忍住泪水前行,
ひとりぼっちなら (うん),
若是孤身一人的话(嗯),
とっくに引き返していたけど (だよね),
早就返回不干了(可不是嘛),
君がへっちゃらな フリするから,
你假装满不在乎的样子,
怖がってなんていられない,
却不能再忍受害怕的感觉,
どこまでも歌っていこう,
无论到何处都放声歌唱吧,
弱虫はココに置いてこう,
把胆小鬼的自己留置于此,
仆らを待ってるいくつもの,
等待着我们的还有很多,
「涙」は君と流す日まで,
直到那一天 泪水与你同流,
道の途中で色んなものを,
在旅途之中 虽然寻得,
见つけて拾ったけれど,
形形色色的事物,
とてもとても大事なものは,
但最最重要的是,
初めからそばにいてくれた,
从最初伊始便陪在我身边的你,
キミの事で笑ってくれる,
因为你而欢笑,
きっとそれを「亲友(とも)」というよ,
那一定可称之为「挚友」吧,
キミの事で泣いてくれる,
因为你而哭泣,
きっとそれを「亲友(とも)」というよ,
那一定可称之为「挚友」吧,
この手は君とつなぐため,
此手是为了与你紧牵,
この足は君と行くため,
此足是为了与你同行,
これからももっと大冒険,
从此继续开始大冒险,
笑い合って 语り行こう,
相互欢笑 交谈前行,
いつか君と远くはなれても,
若有一天 与你天涯相隔,
ポケットの中に君との日々,
口袋之中 也有着与你共度的每一天。

CHAGE and ASKA – 男と女

恰克与飞鸟的经典曲之一,曾被港台知名歌手翻唱《让我欢喜让我忧》。

很柔情的一首歌,即使是一首分手歌,但那种感觉好似与朋友聊天版,好聚好散。

作詞∶いではく
作曲∶鈴木淳
歌∶香西かおり
桜吹雪が舞う頃
ふたり出会った この町
恋は不思議 いつのまにか
あなた私のすべてに
男と女 好きになったら負けね
背中みつめているだけで幸せだった
見える景色すべてが バラ色で
ゆれて歩いた街並
風に銀杏が踊って 道も黄金に色づく
移る季節見れば少し
心がわりが恐いの
男と女 愛の言葉のかわりに
抱いて抱かれてふたりは確かめあった
窓の下は通りに影もなく
夜明けまどろむ小部屋で
氷雨まじりの夕暮れ
ぬれてさみしい並木路
傘の群れに背中向けて
来ないあなたを待ってた
男と女 出会いと別れは運命
昨日しあわせ明日は はかない涙
恋は春の陽炎 あやしげに
消えてひとりの街角

说到这个突然想到一句话,日语歌曲想活了一大片港台歌手,现在还养活了一大群中国歌手。笑